« 自転車日記 2010年10月7日 | トップページ | 自転車日記 2010年10月16日&17日 »

自転車日記 2010年10月11日(マルコバグランフォンド2010)

連休の日曜・月曜はマルコバのイベントで、山ちぇ梨へ…

参加メンバーは会長、じゃんさん、軍曹、マロくん、イーちゃん、プーさん、そんでおいらの7名。

20101010

(写真提供 プーさん)沢山リンゴが獲れました!w

10日の日曜日は、リンゴ狩りをして夜は軽く?反省会!(イーちゃん&プーさん爆発w)

11日の月曜日は、軍曹の提案のマルコバ的グランフォンドを…

当初は、10日にグランフォンド、11日にリンゴ狩りの予定だったが、天気の関係で逆になった。

国道411の駐車場に車を止め、サポートカー(運転は順番?w)を1台入れた体制で朝、8時にスタート。

最初のサポートカーの運転はプーさん。原因不明の頭痛に悩まされてるので、先に峠に行き寝て待つことに…w

まずは、上日川峠(約9㎞)…アップなしでいきなり10%オーバーの斜度が2㎞以上襲いかかる。

おいらは、トリプルXを装着して走行したのだが…クイック(Carbon・Ti製)の圧着が悪いのか、リムにブレーキシューが擦るので、前輪・後輪共に2回も止めて調整するはめに…これで、最後尾からのスタートを余儀なくされる。

ウォーミングアップがてらにきつい斜度はのんびりと走り、後半追い込むことにして見えないメンバーの背中を追うが、ビリのまま峠に到着。

会長と軍曹にいきなり駄目だしされる

上日川湖を越え、長い長い下りに…ここでまずい選択をしたことに気づく(気づくの遅いアホです)…トリプルXのホイールで長い下りなんてしたことなかった。(去年の乗鞍の下りはのんびりと下ったので)斜度が緩いならいいんだけど、そこそこきつい下りなんで、慣れないホイールでは思い切り飛ばせない!

甲斐大和辺りのコンビニで最初の休憩、ここでサポートカーのドライバー交代、じゃんけんで負けた者がサポートカーの運転をすることなる。(何故負けた者なのかと言うと、ラストの柳沢峠までの長い長い上りの時にサポートカーの乗りたいメンバーが多いからであるw)自慢じゃないがおいらはじゃんけんに弱い!じゃんけんのイベントで勝ち残ったことは今までにない!(多分…記憶が確かならw)

はい!最初のドライバー交代はおいらになりました!(ちなみに、ドライバーになった者は、次からのじゃんけんには当然参加出来ない!ま~おいらは柳沢峠は走りたかったので先に負けて問題なかったはずなのだが…)

次の峠は、笹子峠…がれきが多く走りやすいとは良いづらいっが、斜度があまりきつくなく距離もあまりないので、プーさんにはここからがスタートになるので、丁度良い感じの上りのはずだが…(何㎞か自分が走ってないから覚えてない!すいません!)

先頭で峠に到着は、マロくん…クルクルと高ケイデンスで走る。

2番手は、イーちゃん…アウター縛りなんてして走ってた!w

3番手は、軍曹…レオナルドは今までのバイクより軽いと実感するらしく、走りが軽快だ!

4番手は、会長…軍曹をペースメーカーにコバンザメ走行するせこい走りだw

5番手は、じゃんさん…今日はライトスピードのチタンバイクのシェイクダウンも兼ねたライド、EPや怒熊と比べると進まないらしい。

ラストは、プーさん…乗鞍ライド時の落車からやっと心もバイクの直ってきたばっかなんで、気持ちは軽いが、脚は重かった。

20号までの下りは、会長が下りが怖いと言うプーさんに、楽しく下るコツ!をレクチャー…それをおいらは車の中から見守るのであったw

国道20号に出ると気温は高い!表示には25℃と…夏に逆戻り!

下り基調の平坦区間…気持ちよさそうに飛ばすメンバー!おいらは車の中で…悲しい!

大月ICを越えた辺りのコンビニで、次の休憩!やっと運転から解放される。(運転は、マロくんに交代)

ホイールを万が一の時に備えて持って(積んで)来ていたレースXライトに交換。

上りの走りは重くなるが、下りが安心して飛ばせるので、安全パイを選択した。

次は、20号から、深城ダムまでの高速ヒルクライム(約10㎞)、その次は、松姫峠(約9㎞)である。

深城ダムまでの上り区間…緩い感じの上り、青梅から奥多摩湖までの緩い上りに似ている。

先に飛び出したのはおいら、イーちゃんにピッタリとマークされる。

このコースは明らかにイーちゃんが有利(ってか、おいらに有利な上りってないよ!w)、奥多摩湖までのコースを得意としているからだ。(奥多摩湖までの緩い上りで勝ったことがない)

トルクをかけて走るイーちゃんの背中がじょじょに遠くなっていく、おいらは軽めにクルクル回す。

斜度が少しきついと差が詰まるが、そのきつい斜度が短いので、その先に緩い(平坦に近い)ところまで行くとまた差が開く。これの繰り返しでとうとう見えなくなった!

なんとか後半も垂れずに走りきり、イーちゃんから遅れること1分少々(本当かな?)で上りきる。

ダムの景色は良いが日射しを遮る物がなにもなく暑い。休憩(昼飯)は次の松姫峠でしっかりとることにスタート、サポートカーの運転は会長に交代&プーさんもサポートカーに乗ることに…

松姫峠…奥多摩湖から奥まったところにある峠だが、奥多摩湖側からの距離は短く練習に励むローディーが多い峠である。奥多摩湖から近いのに来るのは初である。

この峠では、マロくんと対決(って言っても、直ぐに千切られるが)最初は気持ち良く先頭を走っていたが、斜度がきつくなり始めて少ししてからマロくんが前に…ついて行こうと頑張るが、呼吸が乱れ失速する。前に抜いたローディーに抜き返される始末だ。

201010111

(写真提供 プーさん) 松姫峠に向かう途中のトンネル内で…

これでは行けないと冷静に考え、まず呼吸を整えることから…するとペダリングが安定し抜き返されたローディーの背中が近くなってきた。マロくんには届かなくても、前を走るローディーは抜き返したい!って、気持ちに余裕が生まれどこで抜き返すか考える。峠まではまだ4㎞以上ある。直ぐに抜いは、ラストまでスピードを維持出来なかった場合、また抜き返されるハメに(始めて走るコースだからどうなってるかわからないし)…それは避けたい!(抜いたら多分ついてくるしつこそうな人だしw)

前のローディーが失速しない限り、残り2㎞辺りまでは、10m以内を維持出来るようにリズムを乱さないように走る。

途中、サポートカーの会長から「抜け!」って激を飛ばされるが、冷静に自分の作戦(考え)を遂行することに…

斜度が少し緩くなり、前のローディーもスピードがあがる。残りの距離も2㎞切った辺りでそろそろ仕掛けないといけない…どうするか?って思っていた矢先に前のローディーのペダリング乱れ(変速ミスかな?)失速したので、抜かすことに…直ぐにチェックに入った感じはわかった。でも後を振り向かずにスピードを維持する。

横を会長が運転するサポートカーが抜いていく…「後来てるぞ!抜かるなよ!」って激を残し…そこで一度だけ後に見るが真後ろにはいなかったので、ブラインドコーナーで引き離す為に、アタックして更にスピードを上げる。

間もなくして木陰の中、松姫峠を上りきる。ヒルクライムのレース本番と同じくらい追い込んで上りきれた。気管が痛いし、少し気持ちも悪い。

追い抜いたローディーは諦めたのか、かなり遅れて上ってきた。

この日一番の走りが出来たのはこのローディーのお陰、意識して走らせてしまいましたが感謝です。

ここで、昼飯休憩だが…おいらは気持ち悪くておにぎり1個と朝食バナナだけしか口に出来なかった。

松姫峠からは、富士山が見え気分的には良い休憩が出来ました!

さて、残る上りは2つ、小菅村役場から丹波村役場むかう為にひと山越えるために、平均勾配10%が続く約3㎞の上りと、丹波村役場から柳沢峠までの長い長い上りだ。

この日、一番短い時間で済むサポートカーの運転はイーちゃんに…ラストのきつい柳沢峠までのサポートカーの運転はじゃんさんが獲得することに…軍曹のみオールってことになりました!w

10%の3㎞の上りは、前を走る会長と軍曹に追いつきそうで追いつかない距離だったので、無理しないで上りラストに備えることに…

柳沢峠までの長い上り…会長と軍曹が先に出発、サポートカー運転のイーちゃんはまだ来ない、待って一緒に走り出しても途中で置いてかれるのは目に見えているので、おいらも会長と軍曹を追い先に出発。

マロくんとイーちゃんが最後尾スタートってことで、柳沢峠までの長い長い道のりは続く…

スタートして4㎞くらいで会長と軍曹に追いつく、おいらはこのまま3人で走るつもりだったのだが、会長が先頭にたって飛ばし始めた。

まだ疲れが出始めていないので、しっかりと後においらはつくが、軍曹は千切れてしまった。

スピードを緩めない会長、じょじょに会長の背中が遠のいていく…いつの間にか1人旅…会長の姿が見えなり、軍曹の姿も見えない。

1人に旅になってから、異変に気づく…踏めなくなってきていること…緩い斜度になってもギアを1枚2枚重くする気になれない、昼休憩時にあまり食事出来なかったのが原因か?ただたんに疲れか?峠手前の九十九折りに入る手前で軍曹に抜かれる。後につきたくてもつける脚がない…

九十九折りに入り、両太腿と両脹ら脛が軽く痙攣し始める。やばい!完全に脚に力がない、攣らないように頼み綱はボトルの中のメダリストのみ!それも時既に遅し気味…

のんびりとのんびりと漕ぐしかない…そしたら、イーちゃんの姿が…

残り1㎞なら絶対に抜かれてたまるか!なっていたが、まだ峠までは3㎞近くある。

ここで踏み込んだら直ぐに脚が終わる。あっけなく抵抗することも出来ず抜かれる。

残り1㎞が遠いこと遠いこと…スピードは5キロまで落ち、太腿はいつ攣ってもおかしくないくらい痛みが出始めていた。

そんなこんなでやっとこ柳沢峠に到着!

終わりが悪いので、なんか凄く虚しい気持ちになってしまった。

201010112

(写真提供 プーさん) 駐車場まで戻ってきて記念写真、おいらは攣りそうでこんな体勢なんです!

っが、疲れを温泉で癒したあとに、プーさんから松姫峠でアタックしてる姿(動画で撮ってくれていた)を見たら、少し満足出来ました!とさ!

201010113

(写真提供 プーさん) 疲れを癒すには温泉ですね~!景色も良い感じ!

Hi382204

サポートカーあり体制だったので、予備チューブ等の装備無し!

昨日は、104.20㎞でした!

月間走行距離は、450.44㎞です。

トータルで、9561.61㎞です。

来年は、どこでグランフォンドやるのか…きついけど楽しいマルコバイベントでした!

|

« 自転車日記 2010年10月7日 | トップページ | 自転車日記 2010年10月16日&17日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

6本の峠を巡るグランフォンド、きつかったけど楽しかったね~
熱の入ったリポートよかったよ。
秋晴れの中、松姫から見える眺めは最高の気分 iee

投稿: | 2010年10月12日 (火) 22時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車日記 2010年10月11日(マルコバグランフォンド2010):

« 自転車日記 2010年10月7日 | トップページ | 自転車日記 2010年10月16日&17日 »