« 埼玉-新潟ブルベ② | トップページ | 埼玉-新潟ブルベ④ »

埼玉-新潟ブルベ③

スタートして、暗闇の中を自転車馬鹿wが走る。

サポート体制は万全で、車3台が予め決めたチェックポントで先に行って待機することになっている。

スタート直後から雨は容赦なくおいら達と自転車に降りかかる。

ブレーキは当然ながらドライ時と比べると全く効かない。急ブレーキは不可能ってことだ。

車間と車速を考えながら瓦屋さんと伸ちゃんの後を追走する。

1㎞くらい走るか走らないか辺りで’カランコロン’とプラスティックがアスファルトを転がる音が木霊する。後を振り返ると会長がフラッシャーの「カバーが外れただけ!」って気にしないふりをしている。今回の会長の自転車はお世辞にも5月のサイクリング時のジャイアントのメッセンジャーバイクと比べてカッコいいとは言えない。長距離ツーリング用自転車なのかな?大きなフロントバックに2つフラッシャーがついていて、ライトはハンドルについているのだが、フロントバックが大きくて全面の照明を塞ぐ形になってしまっている。

じゃんさんの再婚パーティー時に自分にTTで走るの?って聞いてきたくらいだからてっきり5月のサイクリング時と同じジャイアントで走ると思っていたが・・・「何で?ジャイアントのTTじゃないんですか?」って訪ねたら、「雨だから」と単刀直入な答えw

しかしあの重そうなツーリング車でおいらよか早く山を上って行ってしまうのだから、純粋なレースじゃなければ、力がある人はどんな(ママちゃりとかは論外だが)自転車でも上って行ってしまうんだな~っと思った。

そんな会長を後塵に従えて走っているおいらも信号の待ちで、ぼんミスしたことに気が付く。

サイコンのスピードを検知するマグネットをホイールに付け忘れたのだ・・・ホイールを直前になって交換なんてするからこんなことに・・・今回は反省材料が多い。

スタート直後は暗がりでサイコンなんて見えなかったし、まだ一定の速度を出して走る道ではなかったので、スタートボタンだけ押して見ようとしなかったのがいけなかった。

戻ることは不可能なので、仕方なくケイデンスと走行時間のみでこのブルベを走り抜くことになってしまった。スピードが計測出来ないことがこんなにモチベーションに影響するなんて考えもしなかったが、会長は「サイコンなんておれはつけてない!いらね~!」っときたもんだw

幸い初心者のおいらが一定スピード引くなんて役割をするわけなかったから助かった。

ケイデンスの表示より、軽く脚をまわすことを意識しながら走ることに切り替えた。

しばらく走ると国道17号線出た。

ここら辺で会長から今日1度目の弱音が・・・「眠い~!」

今回の会長は5月のサイクリング時より愚痴が多くw着替え用のジャージはじゃんさん宅に忘れてきたと言う始末w

周りは聞く耳持たないっと言った感じで、会長の愚痴に付き合ってくれない。

17号は台風の影響なのかそれとも土曜日の深夜(朝方)なのか大型トラックは思ってたより少なく、たまにわざとギリギリを横を通って嫌がらせをするドライバーはいたが、無事に接触&落車事故等もなくじゃん宅をスタートして約52㎞地点の第1チェックポイントのセブンイレブン埼玉岡部店に到着。

P1000700 おいらは店内には入らず、前もって買ってきてサポートカーに積んでもらっているゼリー食とじゃんさんの奥様が用意してくれたおにぎりを頬張る。

雨降りで身体を寒いせいか、ほとんどの走者が小便をするw

ボトルに水分を補給してる間に「スタートするぞ~!」の掛け声が・・・

いつものサイクリングと違い、休憩時間は短時間(5分くらい)。

もたもたしていると遅れることになる。

再スタート!

次のチェックポイントまで行くと丁度100㎞。雨は相変わらず止まないが、風向きはやや追い風気味、スピードは押さえ気味に瓦屋さんは伴走するが、軽く脚が回るためか疲れを感じないで進んで行く。

路面はびちゃびちゃ状態、伸ちゃんの直ぐ後につくと後輪のタイヤが吸い上げる水がダイレクトに顔にかかるので、少し距離(2・3メートル)を置くか、ラインをずらしながら走る。

第1チェックポイントであまり食事が出来なかった為に、走りながら食べようとするがことごとく落とす始末。やはり普段から練習しないと上手くいかないもんですね!

しばらくすると最初のチェックポイントでトイレは済ませたはずなのに、また小便がしたくなってきてしまった。走行距離が出ないおいらは瓦屋さんに次のチェックポイントまで(休憩まで)あと何㎞か聞くと、まだ相当距離がある。

どうしようかな?と考えながら走行して高崎駅前近くの信号に差し掛かった時に神の声がw

瓦屋さんから「トイレよりたい人いる?」

おいらは「よる~!」答え、タイルが滑りやすいって注意を受けながら一目散にトイレに・・・っと思ったら、みな同じだったのか、おらよか先にトイレに駆け込む人もw

P1000701 高崎駅前近くのトイレ前にて・・・

携帯のカメラのレンズが曇るくらい雨は降り続けている。

時折やんだかな?って思うも直ぐに霧雨になったり・・・大粒の雨にならないだけ救いかな?・・・

この辺りで確か走り始めて4時間近く経過していた。

あと1時間走ったら第2チェックポイントだと瓦屋さんが声をかけ再スタート。

無事にほぼ計画通りに近いタイムスケジュールで第2チェックポイントのセブンイレブン渋川川島店に到着。会長は直線が続く道では半分寝ながらの走行だったらしい・・・w

サポート班のリーダーGOROさんはみなに声をかけ励ましてくれる。昔はバリバリに走っていたけど、今回はサポートに徹してくれていて、自転車経験者故の心遣いが凄く嬉しくありがたかった。

P1000702 今回は走行中の写真もと思っていたが・・・雨の中の走行の為、休憩時のみしか撮影は出来なかった。

ブログの記事の為に携帯を取り出したりしてるから、再スタート時に他の人より余計に時間がかかってしまう。

次のチェックポイントのセブンイレブン長野原大津店まではアップダウンの繰り返しを約38㎞を走行。再スタート直後においらが小便がしたくなり、抜けるがスピードを押さえ気味に走行してくれていたので、直ぐに追いつく。

ここら辺になってくると会長は眠いとかぼやかなくなってきた。

この先の渋峠に向けて身体がヒルクライマーの心が燃えるのかな?

山道に入ってくると道路の端からは泥水が・・・車が後から来てないのを確認しながら、なるべく伸ちゃんの後につかない様に走る。途中、後輪が段差に取られ落車になりかけたが、不思議と’滑るなっ!’感が働き冷静に対処出来た。後を走っていた会長とかはビックリしたかもしれないが、本人はいたって冷静でしたよ!w

第3チェックポイントまで、’だいたい’1㎞となった際に、瓦屋さんからマロさんにアタックしろと指令が出る。マロさんも後方で走っていて脚をあまり使ってないせいか、注文通りにアタック!w

追走しようか考えたけど、この後にヒルクライムTTがあることを覚えていたので、普通に走行して疲れを貯めないようにした。

この残り1㎞のアタックがあれ?1㎞じゃないよね?って感じに長いw中切れをしながら走るマロさんの後姿を見ながら瓦屋さんが「だいたいだから!」って言って笑っていた。マロさんを追走しなくて大正解だったわけだw

マロさんから遅れること約1分で第3チェックポイントのセブイレブン長野原大津店に到着。少し長い休憩をする。

いよいよヒルクライム本番だ。山さんが自転車のブレーキパットを交換したりと各自で忙しくこれから始まるヒルクライムに向けて準備をする。

おいらはトイレを済ませた後に、じゃんさんお勧めのコーラをボトルに入れ、おにぎり&お稲荷&ゼリー食を食べ、100円カッパを着込む。フロントバックに最近お気に入りの玄米ブランを補助食として入れ準備万端。

P1000703 P1000704

ここまで雨に打たれると逆に気持ちがいいくらいw

自転車もびしょ濡れ、後輪のブレーキとホイールに隙間に汚れが詰り、ダンシングするとそれが原因で擦れた音が出ていた。

ここで汚れを落とし、不安要素は解消!問題は自分の脚と心肺機能だw

今日はひとまずここまで、続きは後日・・・

レポート④に続く・・・

|

« 埼玉-新潟ブルベ② | トップページ | 埼玉-新潟ブルベ④ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉-新潟ブルベ③:

» 美しいホイール レーベンハート [美しいホイール レーベンハート]
レーベンハートはアルミホイールのフランドです。その美しいレーベンハートの紹介ブログ [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 07時30分

« 埼玉-新潟ブルベ② | トップページ | 埼玉-新潟ブルベ④ »