« 買っちまったぜ!360 | トップページ | 最近のアバクロって… »

2-2ドロー

今朝方、サッカーの親善試合がありましたね!

相手はドイツ、過去W杯を3度優勝してる国です。ま~親善試合なんで、ガツガツくることはないだろうなと思っていたんですが・・・ガツガツしてた試合でしたね~!w

結果を先に言うと2-2のドロー・・・ですが、良い意味でも悪い意味でも現在の日本代表の状態がわかってしまった試合でした。

内容は前半はドイツ優勢でしたが0-0、後半は先制は日本、追加点、残り15分内で2点返されての引き分けです。

得点は2点ともFW高原、4年前(病気で代表から外れた)の鬱憤を晴らすかの様な活躍でした。

1点目はカウンター気味のパス回しから、GK(レーマン※あのカーンからレギュラーを奪取)と一対一を豪快に蹴り込んで、2点目はDF(名前知らない)とMF(バラック※ドイツのキープレイヤー分かりやすく言うと日本で言う中田or中村の様な選手)の2人を個人技で交わしての左隅にシュート!

点数の取られ方ですが・・・1点目はDF宮本が相手FW(クローゼ※今期のブンデスリーガーの得点王)に競り負けて、2点目はFKから頭に合わせられて・・・共に体格差で負けての失点です。

本番までに修正出来るのかどうか・・・体格差はどうやっても無理ですからね!中沢の様に背が高いDFは他にいませんから、身体能力でも劣る日本人には背の高さの差はかなり痛いハンデだと自分は思いますので・・・オーストラリアとクロアチアは共に平均身長が高い国です。この差はまじで痛いんです。

内容を重視した試合になるとジーコ監督は言ってましたが、内容を重視した結果引き分けでも良かったのか?自分的には試合前から内容を重視した試合なんて言うのは、負けた時の言い訳を前振りしただけのように感じましたけどね!

「内容を重視したから」って一言で片付けられたら簡単ですが、勝てる試合を引き分けにされた日本と、負けそうな試合を同点に出来たドイツとでは試合終了後の選手の顔を見ればどっちが良かったのかは一目瞭然。(ドイツとしては歴史の浅い日本に負けることは許されないプレッシャーもあったに違いないですが・・・)

試合後にセルジオ越後さんが辛口のコメントを言ってましたが、その通りです。

ドローで良かったでは済まされない時を想定しての試合に修正出来なかったことに焦りを感じます。

もし、W杯予選3戦目、ブラジルに後半30分まで2-0でリードしてたとして、勝たないと予選突破は無理って状況だった場合。

相手はブラジルだからドローにされて予選敗退は仕方ないと思えたかどうかって事です。ブラジルとドイツでは格差がありますけど。

予想ではブラジルは先に(オーストラリア・クロアチアに)2勝して予選突破を決めてから日本戦となっています。だけどブラジルが日本の監督はジーコだから手を抜くとは考えられない・・・控え選手のコンディション等を計る可能性はありますが、負けてもいいなんて気持ちでは絶対にこない。むしろ、憧れのジーコの前で活躍してやるって気持ちでくるかもしれない。

ドイツ相手にドローで拍手の時代は8年前までです。4年前、日本は開催国ってことで予選は免除されましたが、決勝トーナメントまで行けた国です。

歴史は違えど、選手のレベルは世界最高水準に近くなってきてます。

甘やかすコメント等は、そろそろ卒業しないと・・・

自分は勝てた試合と思ったからこんな辛口なコメントです。みなさんにはどう映りましたか?

|

« 買っちまったぜ!360 | トップページ | 最近のアバクロって… »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2-2ドロー:

« 買っちまったぜ!360 | トップページ | 最近のアバクロって… »